仮想通貨|SPINDLE(スピンドル)の特徴と可能性−GACKTが参画プロジェクト

スポンサーリンク

概要

SPINDLE(スピンドル)は、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを用いた改竄不可能な透明性の高い投資・運用プラットフォームです。

これはEthereumプラットフォーム上で組成されています。

仮想通貨|Ethereum(イーサリアム)の特徴と可能性

GACKTが、大城ガクトという本名で参加していることでも話題になっています。

特徴

名称SPD
発行日2018年4月
供給量10,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
Ethereum上
国内取扱
取引所
未定

分散合意アルゴリズム

SPINDLEは、Ethreum上のブロックチェーンのため分散合意アルゴリズムもEthereumに依存しています。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

国内取扱取引所

SPINDLEについては、今のところ取り扱い取引所などは不明です。

プレセールに参加

プライベートプレセールに参加することで、SPDを入手できるようです。

個人情報登録などがありますので、自己責任でお願いします。

クラウドセールに参加

2018年4月頃に、世界市場に向けてクラウドセールが開始されるようです。

Ethereum上で発行されているプロジェクトなので、MyEtherWalletに登録しておけばICOに参加できるはずです。

SPINDLEは、Ethereumという仮想通貨との交換で入手することができます。

【主要仮想通貨取引所】

もしEthereumを保持していない人は、日本の主要仮想通貨取引所で事前に入手しておくことをオススメします。

仮想通貨取引所

2018年5月頃に取引所への上場を予定しているそうですが、詳細は未定です。

トピックス

SPINDLEについて、より詳しくみていきましょう。

SPINDLEの目的

SPINDLEは、透明性と公平性を持つ投資・運用プラットフォームです。

より多くの人々が、対等な立場で投資者にも運用者にもなり得る投資・運用プラットフォームを目指しているようです。

SPINDLEとは

SPINDLEのロードマップを見ていきましょう。

参考情報元:ホワイトペーパー

PROTO1

プレセール及びICOクラウドセールが開始されます。

PROTO2

PINDLE評議会によって選定された約5−10社の仮想通貨ヘッジファンドを選定する予定です。

参考情報元:ホワイトペーパー

PROTO3(2018年秋季−冬季)

投資対象が仮想通貨ヘッジファンド、ICOトークンの他、ICOファンド、不動産等の現物資産を裏付けとしたトークンへの投資が可能になります。

参考情報元:ホワイトペーパー

PROTO4(2018年冬季)

ウォレット機能を実装予定です。

しかしデビットカード決済については届け出をしなければならず、サービス開始が遅れたり、最悪不可能になることもあるようです。

SPINDLEの特徴

SPINDLE は、 運用者の運用計画書・運用履歴・運用成績などをブロックチェーン技術を用いて記録しており、個々人が投資に際して嘘偽り・虚飾が不可能な状況で投資対象を判断する事が可能です。

SPINDLEを使えば、直接的に投資を行うことができるため、その投資に第三者の意思や意向が介在する事はありません。

また投資は即座にスマートコントラクトの技術によって、ブロックチェーンに記録されるため、従来のように銀行や証券会社が介在せず、投資者と運用者の対等な関係を生み出します。

意外と知られていないビットコインのスマートコントラクト

SPINDLEのスケジュール

SPINDLEのスケジュールを把握していきましょう。

2017年10月

プライベートプレセール開始

2017年12月

WEBサイト・ホワイトペーパー公開

2018年1月

プライベートセール終了

2018年4月

世界向けクラウドセール開始

2018年5月

SPDトークン発行及び購入者ウォレットに付与

SPINDLEサービスアプリケーション(SPA)β版ローンチ

仮想通貨取引所上場(ICO)

不正サイトの勧誘に注意

SPINDLEは、GACKTが参画していることもあり、仮想通貨にこれまで関わりを持たなかった人々の関心も引くことでしょう。

いわゆる情報弱者をターゲットにした不正サイトなどが増加する危険性があります。

すでにそういったことは起きており、ICOを理解していないうちは安易に参加しないようにしましょう。

すでに公式Facebookでも注意喚起されています。

『SPINDLE 購入』などで検索し、トップページに表示された悪質サイトの一例です。

こいつらのサイト経由で購入する必要はない

決してこのようなサイトが、購入代行をしているわけではありません。

安易に登録し、個人情報を流出しないようにしましょう。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Facebook

Instagram

Github

Chat

Forum

SPINDLEの可能性

SPINDLEは、サービスとしてはIconomi(イコノミ)と近いのかなという印象を持ちます。

仮想通貨|Iconomi(イコノミ)の特徴と可能性

仮想通貨プロジェクトは、とてつもないスピードで増加しており、一個人が情報を入手し有能なプロジェクトを選定、投資していくことは不可能になりつつあります。

SPINDLEのような投資代行サービスが機能すれば、怪しいプロジェクトに手を出すこと無く有意義に投資ライフを送ることができるでしょう。(現状では、そもそもSPINDLEが怪しいですが・・)

日本発のプロジェクトとして、今まで仮想通貨やブロックチェーンに興味がなかった層まで参加しそうなものは初めてです。

ぜひいいサービスを開発して欲しいものです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク