仮想通貨|TenX(テンエックス)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

TenX(テンエックス)は、Comitネットワーク上に構築された支払いプラットフォームです。この支払いプラットフォームは、国際的な銀行業務及び送金に関する殆どの手数料を取り除きます。

特徴

名称PAY
発行日2016年6月
供給量205,218,256
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

TenXは、Ethreum上のブロックチェーンのためProof of Workを分散合意アルゴリズムとして利用しています。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

但しいずれEthreumが、Proof of WorkからProof of Stakeへのアルゴリズム変更が予定されているため、そのタイミングでTenXも影響を受ける可能性があります。

国内取扱取引所

TenXについては、国内仮想通貨で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

トピックス

TenXについて、より詳しくみていきましょう。

TenXとは

TenXは、ウォレット、物理デビットカード、銀行口座、ATMアクセスなどで構成される暗号化支払いプラットフォームです。仮想通貨を現実世界で使いやすくするプラットフォームを開発しています。

TenXの特徴

TenXは、支払決済会社です。デビットカードとモバイルウォレットについて暗号化方式で提供を行っています。VISAやMastercardと提携することにより、TenXウォレットは約200カ国で利用可能、現在約3,600万点以上の入札が可能となっています。

複数の資産サポート

TenXは、複数ブロックチェーン資産をサポートしています。現在、Bitcoin、Ethereum、Ethereum ERC20トークン(DGX、REP、TRUST、ANTなど)、DASHなどをサポートしています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトでいつでもセキュリティ設定を微調整できます。支出限度額、デイリーリミット、ポートフォリオ支出、引き出し設定など機能は様々です。

仮想通貨|スマートコントラクトとは何か

支払いプラットフォーム

ブロックチェーン上の資産とビジネスを分散して、現実世界に結びつけます。開発者はセキュリティスマートコントラクトモジュールを開発し、企業はユーザーと実世界の支払いを結ぶことができます。

TenXのビジョン

ブロックチェーン上に資産を築くことをビジョンとしています。

仮想通貨市場は、これからさらなるトークンが登場することでしょう。物理プラットフォームと仮想プラットフォームの相互接続性を実現し、仮想通貨の支払プラットフォーム導入に苦しんでいる企業やユーザーをサポートします。

TenXの手数料

TenXにおける手数料を見ていきましょう。

  • 物理カード発行手数料(配送料と追跡費):$ 15
  • 仮想カード発行料:$ 1.50
  • 物理カード年会費:無料(年間$ 1,000未満の場合は$ 10)
  • バーチャルカード年会費:無料(年間$ 1,000未満の場合は$ 10)
  • 外国為替手数料:0%支出には一定制限があります。

標準口座は、ATMの引き出しにつき200ユーロ、一日あたり2500ユーロの1日の支出限度額に制限されています。ただし、アップグレードされたアカウントは、1トランザクションあたり10,000ユーロ、1日あたり20,000ユーロ、ATM引き出しにつき1,000ユーロを費やすことができます。

TenX保有者は、保有しているだけで報酬を受取ることができます。これはTenXトランザクション量が増えるほど、より報酬が増えます。TenX保有者は、TenXデビットカードを通じて支払われる支払額全体の0.5%が授与されます。またトークン所有者への支払いは、Etherで支払われます。

公式情報

公式ホームページ

Blog

ホワイトペーパー

Twitter

Youtube

Reddit

Github

Chat

Forum

BitcoinTalk

TenXの可能性

TenXが、市場で利用されるためにはクレジットカードなどより何らかのメリットを持つ必要があります。まだMobi、Monaco、Tokencard、Xapoといった競合サービスにも勝つ必要があります。

所感をいうと、クレジットカード会社がこういったサービスを作りあげる前にTenXは市場占有率を高める必要があります。それが達成できるかどうかが、TenXが成功できるかどうかの鍵になるのではないでしょうか。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク