仮想通貨|ATMChain(エーティーエムチェーン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

ATMChain(エーティーエムチェーン)は、分散型のスマートメディアプラットフォームです。

ブロックチェーンとATMChainのプラットフォームと広告配信チャネルを組み合わせたシステムで、ATMトークンは、Ethereum上で発行されています。

特徴

名称ATM
発行日2017年8月
供給量10,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
Ethereum上で発行
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

ATMChainは、Ethreum上のブロックチェーンのため分散合意アルゴリズムもEthereumに依存しています。

仮想通貨|Ethereum(イーサリアム)の特徴と可能性

国内取扱取引所

ATMChainについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

HitBTC

HitBTCがサポートしています。

Bitcoin Exchange: Bitcoin, Ethereum, Monero, Zcash / HitBTC
The most advanced cryptocurrency exchange to buy and sell Bitcoin, Ethereum, Litecoin, Monero, ZCash, DigitalNote, Ardor

トピックス

ATMChainについて、より詳しくみていきましょう。

ATMChainとは

ATMChainには、ブロックチェーンネットワーク、AMTChainオープンプラットフォーム、ATMChain APPが含まれています。

広告主は、サイト所有者にATMトークンを利用して報酬を支払います。またサイト所有者は、広告主の広告を配信することで収入を得ることができます。

全ての報酬取引は、オープンで透明、かつ追跡可能な方法でブロックチェーン上に記録されます。

デジタルメディアエコロジー

ATMChainは、「ブロックチェーン+ビッグデータ」を組み合わせた新しい広告の形です。

既存の広告システムより正確にユーザーに情報を届けて、悪意のあるスカルピングや広告の不正行為を減少させることができます。

ATMChainは、メディアエコロジーであり大規模なデータ分析プラットフォームです。 伝統的なシステムより高い信頼性と透明なデータに利点はあり、はるかに優れています

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Chat

Forum

ATMChainの可能性

広告メディアとブロックチェーンを組み合わせていくプロジェクトです。

競合としては、Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)などが該当するでしょうか。

仮想通貨|Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)の特徴と可能性

ATMChainは、どちらかというと中国市場をメインに考えているようです。コンセプトは面白いですが。

ATMChainトークン割合

  • 総額:100億
  • 公衆に利用できるトークン:42億
  • 初期の投資家:8億
  • 財団:50億

ということで、財団の保有割合が多すぎるのが気になるところです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク