仮想通貨|Byteball Bytes(バイトボールバイツ)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Byteball(バイトボール)は、通貨、財産権、債務、株式などの譲渡可能なデータを含む、分散型システムです。

スケーラビリティに問題がなく、迅速、マイナーなし、ブロックなし、低料金のシステムです。

特徴

名称GBYTE
発行日2016年9月
供給量1,000,000
分散合意
アルゴリズム
DAG
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Byteballは、全く新しい分散合意アルゴリズムです。ブロックがないので、ブロックサイズの問題はありません。もちろんマイニングなどもありません。

新しいトランザクションは、ハッシュを組み込んで署名することにより一つ以上前のトランザクションを参照します。取引間のリンクは、DAG(有向非循環グラフ)を形成します。

国内取扱取引所

Byteball Bytesについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange

トピックス

Byteball Bytesについて、より詳しくみていきましょう。

Byteballとは

Byteballは、ブロックチェーンではなくDAG(有向非循環グラフ)を使用して格納され、順序つけされます。

全てのユーザーは、他ユーザーが作成した以前のデータ単位を参照して互いのデータを保護します。ブロックがないので、ブロックサイズについて問題にすることはなくスケーラビリティの制限もありません。

スマートコントラクト

スマートコントラクトでの支払いを可能にした最初の暗号通貨です。

条件付支払いシステムでは、簡単な契約書のようなものを作成することができます。受取人が通貨を受け取る条件を設定します。条件が満たされない場合は、通貨を返済します。

予測市場

将来の出来事を予測してお金を稼ぐことができます。

特定のイベントが発生した場合にロックを解除できるP2Pスマートコントラクトを作成します。

価格変動やスポーツ賭博、保険に賭けて使用します。

チャットでのP2P支払い

リンクをクリックするだけで、同じアプリでチャットして支払いを行うことができます。

追跡不可能な通貨

Byteballは、追跡不可能な通貨です。

これには現金のようなプライバシーがあります。取引が公開データベースには表示されず、代わりにP2Pで送信されます。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Reddit

Medeium

Twitter

Github

Telegram

Slack

Forum

BitcoinTalk

Byteball Bytesの可能性

早い段階でByteballに気づいていた人はAirDropでGBYTEトークンを付与されていますが、今からは厳しいでしょう。

Byteballそのものは、魅力的なコンセプトをもち、開発力も非常に高い仮想通貨プロジェクトです。無料配布が終わったあとに価格がどう動くのか誰にもわかりませんが、過去に暴落もしているので気をつける必要があるかもしれません。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク