仮想通貨|Bitcoin Diamond (ビットコインダイヤモンド)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Bitcoin Diamond (ビットコインダイヤモンド)は、Bitcoinブロック値495866でハードフォークし誕生した仮想通貨です。

Bitcoinの10倍多くコインが配布されている点が、Bitcoinと大きく異なる部分です。

特徴

名称BCD
発行日2017年11月
供給量210,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Bitcoin Diamondは、Proof of Workという分散合意形成システムが採用されています。

アルゴリズムは、OPTIMIZED X13というGPUマイニングをベースに開発されており、Bitcoinなどで使用されているASICなどのマイニング専用機械は使うことができません。

国内取扱取引所

Bitcoin Diamondについては、一部の国内仮想通貨取引所でも取扱いがあります。

Bitcoinを保有

ブロック値495866時点でBitcoinを保有していたユーザは、「1BTC=10BCD」が付与されています。

BTCBOX

国内仮想通貨取引所では、取り扱いを表明しているのはBTCBOXだけのようです。

BTCBOX

他にも増えましたら、随時更新していきます。

トピックス

Bitcoin Diamondについて、より詳しくみていきましょう。

Bitcoin Diamondとは

Bitcoin Diamondの大きな改善点として、上限枚数が210,000,000BCDに設定されているところが上げられます。

これはBitcoinの上限枚数21,000,000の10倍です。

またブロックサイズが8MBに設定されており、これはBitcoinCashと同じです。

Bitcoin Diamondの特徴

Bitcoin Diamondの特徴を見ていきましょう。

プライバシーの保護

ユーザーのプライバシーを保護するために金額と残高を暗号化します。

コストの削減

Bitcoinのような高い取引手数料は必要ありません。

参加費の削減

Bitcoinのような過剰価格では、市場にユーザーが参加するのは難しくなります。Bitcoin Diamondのは総配布枚数が多く、その分1BCD辺りの価格は低くなります。

それによりブロックチェーンの世界に多くの人々が参加するように促します。

Bitcoin Diamondのロードマップ

Bitcoin Diamondのロードマップを見ていきましょう。

2017年11月24日

ブロック値495866でハードフォーク

2017年12月下旬

メインネットアップデート

2018年第2四半期

メインチェーンの暗号化を完了

2019年第1四半期

BCDアプリケーションのエコロジーを構築

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Youtube

Github

Slack

Reddit

Telegram

Forum

Bitcoin Diamondの可能性

他のBitcoinハードフォークと比較した際に、Bitcoin Diamondは開発者が匿名という特徴があります。

しかし開発者報酬を設定していることから、無償のオープンソースプロジェクトというわけではなさそうです。

一部の仮想通貨取引所では取引されていることから、価値はついているのですが個人的にはこのような仮想通貨は、詐欺の一歩手前ではないかなという考えをもっています。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク