仮想通貨|Decred(ディクレッド)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Decred(ディクレッド)は、コミュニティベースの統治システムを、ブロックチェーンに統合したオープンで先進的な仮想通貨です。

特徴

名称DCR
発行日2016年2月
供給量21,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Decredでは、Proof of Work と Proof of Stakeのハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを採用しています。これによりDecredでは、コミュニティの合意を得ずに取引を支配したり、Decredを変更したりすることはできないようになっています。

国内取扱取引所

Decredについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - The Next Generation Crypto-Currency Exchange - Upgrade to Bittrex Global

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Crypto Asset Exchange
Buy, sell, and trade Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), TRON (TRX), Tether (USDT), and the best altcoins on the market with the legendary crypto exchange.

トピックス

Decredについて、より詳しくみていきましょう。

Decredとは

Decredは、開発コミュニティの意見を重視し、その意見が対立した場合には投票で方向性を決めることができます。誰でも、機能改善案を提出することができ採用された場合には、Decredブロックチェーンから報酬を受け取ることができます。

Decredの強み

Bitcoinでは、開発の方向性の違いから分裂を繰り返しています。このような状況からBitcoinCashやBitcoinGoldは誕生しました。これはオープンソースプロジェクトであるが故、仕方のないことでもあります。

ただコミュニティが分裂することで、仮想通貨の価値が乱高下して安定性を欠く結果を招いています。Decredでは、マイナーやユーザーを超越して階層化された分散型ガバナンス組織を構築しており、Bitcoinのような状況は起こりません。

投票制度の概要

Decredでは、ハードフォークのような変更を伴う実装には、2段階に分けた投票制度があります。

1段階

最初のフェーズは、ネットワーク上のアップグレード閾値を満たしているか判定します。投票を開始するのは、ネットワーク上のPoW・PoSノードの大部分をアップグレードする必要があります。

これは以下の方法で測定されます。

PoWの場合

最新1000ブロックの少なくとも95%に、最新ブロックバージョンのアップグレードが必要です。

PoSの場合

2016ブロック間隔内の投票75%が、最新のアップグレードをおこなう必要があります。

2段階

次のフェーズは、投票そのものです。投票は、8064ブロック間隔内で行われます。その期間内に、採掘された票の75%が提案に「はい」と答えた場合、その変更が実施されます。

実際、どのように行われているか気になる方はこちらをご覧下さい。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

ブログ

Reddit

Twitter

Youtube

Github

Chat

Forum

BitcoinTalk

Decredの可能性

Bitcoinを例に出せば、オープンソースなプロジェクトであるが故コミュニティ全体の合意を取りづらく、Bitcoinまがいのものが数多く誕生しています。これはある意味、トップダウンで決めれない組織だからこそ起こりうることです。

Decredは、オープンコミュニティである点はBitcoinと変わりませんがハードフォークなどを行う際には、投票を行う必要があります。Decredの仕組みは、コミュニティの方向性が決まりやすく、結果通貨の安定に繋がるのではないかと感じています。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク