仮想通貨|Bytom(バイトム)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Bytom(バイトム)は、複数資産を相互作用させるプロトコルです。

Bytomソフトウェアを操作すれば、複数資産を共有元帳で定義、発行、転送することができます。

BTMトークン自体は、Ethereum上で発行されているERC20トークンです。

特徴

名称BTM
発行日2017年6月
供給量1,407,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

BTMトークンそのものは、Ethereum上で発行されているのでEthereumシステムに依存します。

しかしBytomソフトウェア自体は、どうやらProof of Workを採用しているようです。SHA256アルゴリズムを利用し、ASICマイニングを推奨しているようです。

仮想通貨|Ethereum(イーサリアム)の特徴と可能性

国内取扱取引所

Bytomについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Huobi

Huobiなどの中国企業が運営する仮想通貨取引所において上場しています。

Huobi official website | The Financial Hub of Digital Assets
Founded in 2013, Huobi is the world's leading digital asset trading platform and currently offers trading and investment in more than 100 digital asset pairs. H

Gate.io

アルトコインを多数扱うGate.ioでも取り扱いがあります。

Gate.io - The Gate of Blockchain Assets Exchange
Gate.io is a bitcoin exchange platform which supports BTC, LTC, Ethereum, Qtum and more blockchain assets trading.

トピックス

Bytomについて、より詳しくみていきましょう。

Bytomとは

Bytomは、スケーラビリティの高いブロックチェーンネットワークを操作するソフトウェアです。

複数の資産を共有元帳で管理し、デジタル資産を定義、発行、転送することができます。

  • 資産の管理、発行、消費、無効
  • 取引を受信、送信

などが現在はできます。

Bytomの特徴

Bytomの特徴を見ていきましょう。

UTXOモデルとの互換性

Bytomは、

  • データトランザクション|トランスミッションレイヤー
  • コントラクトレイヤー
  • 資産インタラクションレイヤー

3つのレイヤーで構成されています。

一般的なアドレス形式

Bytomウォレットでは、

  • マルチ通貨
  • マルチアドレス
  • マルチキー

のサポートを提供します。

サイドチェーン

開発者は、Bytomプラットフォームに基づいたXチェーン(他のブロックチェーン)またはXrelayのサイドチェーンを作成することができます。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Chat

Telegram

Forum

BitcoinTalk

Bytomの可能性

正直今のところは何のことかよくわからないプロジェクトです。

ブロックチェーン上で資産管理をすることが主目的だと思いますが、BTMトークンの使いみちなど不明な点が多いです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク