仮想通貨|Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)は、Ethereum上に構築されたERC20トークンです。分散された新しいオープンソースプロジェクトで、効率的なブロックチェーンベースのデジタル広告プラットフォームBrave Browserのユーティリティトークンとして機能します。

特徴

名称BAT
発行日2017年5月
供給量1,500,000,000
分散合意
アルゴリズム
Ethereumに依存
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Basic Attention Tokenは、Ethreum上のブロックチェーンのためProof of Workを分散合意アルゴリズムとして利用しています。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

但しいずれEthreumが、Proof of WorkからProof of Stakeへのアルゴリズム変更が予定されているため、そのタイミングでBasic Attention Tokenも影響を受ける可能性があります。

国内取扱取引所

Basic Attention Tokenについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

トピックス

Basic Attention Tokenについて、より詳しくみていきましょう。

Basic Attention Tokenとは

Ethereumテクノロジーに基づくユーティリティトークンで、ブロックチェーンベースのデジタル広告及び、広告主、出版社、ユーザー間で交換することができます。

ステージ1:Brave Browser

Braveは、マルウェア、トラッカーをブロックします。また匿名でユーザーの注目を集めて出版社に正確に報酬を与える元帳システムを含む、高速でオープンソースのプライバシーに焦点をあてたブラウザです。

ステージ2:Basic Attention Token

Basic Attention Tokenは、出版社、広告主、ユーザーの間で交換されるさまざまな広告とアテンションベースのサービスを取得するために使用できます。

Brave Browser + Basic Attention Token =新しい取引

Braveブラウザは、ユーザーがどこに時間を費やしているかを知っているため、報酬を与えるための最適なツールになります。このサービスは、透明で効率的なブロックチェーンベースのデジタル広告市場を創造します。仲介者と詐欺が減少するため、出版者はより多くの収入を得ることができます。ユーザーは、マルウェアの被害は減りターゲティングされた広告は少なくなります。そして、広告主は、コストパフォマンスが向上します。

Braveブラウザーとは

ユーザーは、様々はサービスを取得し、Basic Attention Tokenを獲得・使用することができます。例えば出版社からのプレミアムコンテンツと引き換えにトークンを使用することができます。またトークンをサイト運営者に寄付することもできます。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Blog

Reddit

Twitter

Github

Rocket Chat

Basic Attention Tokenの可能性

Basic Attention Tokenは、JavaScriptの創始者、MozillaとFirefoxの共同創設者であるBrendan Eichによって開発されています。現状Googleに依存したWEB広告に変わる仕組みとして、これからに期待です。

開発コミュニティによって保持されているBasic Attention Tokenが多いため、投資先としてみるには物足りないかもしれませんが、サービスそのものには期待してもよいのではないでしょうか。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク