仮想通貨|DigiByte(デジバイト)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

DigiByte(デジバイト)は、Bitcoinよりも高速に多くの取引を処理できる分散型ブロックチェーンです。

オープンソースプロジェクトで開発されており、マルチアルゴリズムを採用しています。

特徴

名称DGB
発行日2014年1月
供給量21,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

DigiByteは、Proof of Workを採用しています。

マルチアルゴリズムを採用
参考情報元:公式ホームページ

DigiByteでは、5つの別々のマイニングアルゴリズムのどれかでマイニングすることができます。

各アルゴリズムは、平均して新しいブロックの20%を採掘します。この仕組みにより、他のブロックチェーンよりもさらに大きな分散化が可能になります。

5つのアルゴリズムがそれぞれ順番に約75秒間隔でブロックを生成し、15秒ごとのブロック生成を可能にしています。

国内取扱取引所

DigiByteについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Bitcoin/Digital Asset Exchange

トピックス

DigiByteについて、より詳しくみていきましょう。

DigiByteとは

DigiByteは、急速に成長し、分散化が進んでいる大規模なブロックチェーンです。

これは破壊、偽造、またはハッキングすることのできないデジタル資産であり、通貨、情報、財産または重要なデジタルデータなどの価値のある資産を保護するのために理想的なツールです。

DigiBytesは、DigiByteブロックチェーンを介して送信され、地球上の何千ものコンピュータで分散された不変の公的元帳に永久的に記録されます。

DigiByteの特徴

DigiByteは安全で、早く、多くのトランザクションを処理できるブロックチェーン技術です。

一貫性のある開発、急速なコミュニティの成長、新しいユースケースを経て、世界で最も長く、最も安全性の高いUTXOブロックチェーンとなっています。

安全性

最初にセキュリティを導入することで、取引、マイニング、ブロックチェーンをできるだけ分散化します。

高速なトランザクション

DigiByteブロックはネットワーク上で15秒ごとに発生し、現在世界で最速のUTXOブロックチェーンとなっています。

これはBitcoinよりも40倍高速です。

常に前進

過去4年間で、DigiByteは、SegWit、MultiAlgoマイニング、DigiShieldなど、何度もハードフォークして進化しています。

Bitcoinと比較

参考情報元:公式ホームページ

DigiByteは、Bitcoinよりも40倍高速です。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Youtube

Facebook

Github

Chat

Telegram

Reddit

Forum

BitcoinTalk

DigiByteの可能性

DigiByteに関して今まであまり知りませんでしたが、Bitcoinよりも優れておりこれから日本でも注目されていきそうです。

こういった日本コミュニティもあるようなので、この仮想通貨は伸びそうですね。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク