仮想通貨|Pura(プーラ)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Pura(プーラ)は、支払いプロパイダなどの第三者を介する必要なく直接、匿名、かつ即座に支払いが可能なデジタル通貨です。

特徴

名称PURA
発行日2017年9月
供給量350,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Ownership
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Puraは、分散合意アルゴリズムとしてProof of Ownershipという仕組みを使用しています。

これによりPuraをマイニングするためには、最低100,000PURAを保持する必要があります。アルゴリズムとしては、X11を使用しておりこれは有名な仮想通貨であるDashなどと同じ仕組みです。

仮想通貨|Dash(ダッシュ)の特徴と可能性

国内取扱取引所

Puraについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Kucoin

Kucoinは、2017年にできたばかりの取引所ですが、多数のコイン取り扱いがあります。

KuCoin - Bitcoin Exchange: Bitcoin, Ethereum, Litecoin, KCS
The most advanced cryptocurrency exchange to buy and sell Bitcoin, Ethereum, Litecoin, TRON, EOS, NEO, Dash, Kcs

トピックス

Puraについて、より詳しくみていきましょう。

Puraとは

Puraは、実験的で新しいデジタル通貨です。

世界中のどこにいても、匿名の即時支払いを可能にします。P2P技術を使用し、中央サーバーはありません。

トランザクションの管理と資金の発行は、ネットワークにとって一括して実行されます。PuraCoreは、通貨を使用可能にするオープンソースで開発されているソフトウェアです。

Puraの特徴

Puraの特徴を見ていきましょう。

インスタント

InstaPayを使用して、世界中の誰とでも、いつでもどこでも、1秒以内で取引可能です。

プライベート

財務情報、活動履歴、残高は機密情報として保護されます。

安全

トランザクションは永久にブロックチェーンに書き込まれ、世界中の数百のサーバーにバックアップされます。

Proof of Ownershipとは

もう一つ特徴的なのは、Proof of Ownershipという仕組みです。

100,000PURA毎に、マスタードの所有者になり、定期的な報酬を得ることができます。

多くのマスタードノードの1つに担保としてPURAをホストするだけです。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Facebook

Youtube

Github

Slack

Telegram

Forum

BitcoinTalk

Puraの可能性

Proof of Ownershipなど面白い仕組みはあるのですが、残念なことにGithub更新が全く行われていません。

PURAデビットカードとPURA ATMを、2007年第4四半期に開始する予定とのことですが、こちらも実現していないようですし、進捗が遅れているのか開発が止まっているのか詳細は調べても不明でした。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク