仮想通貨|VeChain(ヴィチェーン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

VeChain(ヴィチェーン)は、BAAS(Blockchain-as-a-Service)を提供するブロックチェーンプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を活用することで、自律的かつスケーラブルな信頼性の高い分散型のビジネスエコシステムを構築することができます。

特徴

名称VEN
発行日2017年8月
供給量1,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
Ethereumブロックチェーン
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

VeChainは、Ethreum上のブロックチェーンのため分散合意アルゴリズムもEthereumに依存しています。

仮想通貨|Ethereum(イーサリアム)の特徴と可能性

国内取扱取引所

VeChainについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Huobi

Huobiなどの中国企業が運営する仮想通貨取引所において上場しています。

Huobi official website | The Financial Hub of Digital Assets
Founded in 2013, Huobi is the world's leading digital asset trading platform and currently offers trading and investment in more than 100 digital asset pairs. H

Binance

Binanceでも購入することができます。

Binance - Blockchain and Crypto Asset Exchange
Binance is a blockchain ecosystem comprised of Exchange, Labs, Launchpad, and Info. Binance Exchange is one of the fastest growing and most popular cryptocurre

トピックス

VeChainについて、より詳しくみていきましょう。

VeChainとは

画像参照元:公式ホームページ

VeChainは、製品および情報のためのブロックチェーンプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を活用することで、自律的かつスケーラブルな信頼性の高い分散型のビジネスエコシステムを構築することができます。

VeChainのメリットとは

VeChainを利用することで、

  • APIゲートウェイサービス
  • 第三者サービス
  • 分散データストレージ

などをプラットフォームで構築することができます。

例えばワインボトル用の追跡および認証プラットフォームを作成し、生産工程のあらゆる段階でワインのデータをブロックチェーンに保存することができます。

ロジスティック・プロバイダーとディストリビューターは、目的地に到着する前に関連データを保管することもできます。

製造業者は製品情報を管理し、ブロックチェーンプラットフォーム上で一意のIDを作成します。

運送会社は、デジタルレジャーに物流情報を更新及び記録することができ、倉庫と配布ポイントに製品数に関するリアルタイム情報を取り込みます。

Venchainのロードマップ

Venchainのロードマップをみていきましょう。

2015年6月

最初のVeChainをデザインしました。

2016年1月

Ethereum TPOC承認、VeChain v0.1開発を開始しました。

2016年6月

VeChain v0.1がリリースしました。

基本的なスマートコントラクト、ブロックチェーンエクスプローラ、標準ブロックチェーンAPI、Androidアプリ、第1世代VeChainスマートチップを実装しました。

2016年9月

VeChain v1.5をリリースしました。

機能的なスマートコントラクト、サービスインフラストラクチャの再調整、APIゲートウェイ、VeChainダッシュボード、iOSアプリ、第2世代VeChainスマートチップを実装しました。

2016年11月

VeChain v2.0を公開しました。

スマートコントラクト、DBGP、DBMSP、およびDGIPモデルを発売しました。

2017年5月

VeChain v3.0は、自動車、農業および監査でより多くのビジネスを開始しました。

2017年Q4

BLACP、PBCP、DCCP、CHAOS go-live、第3世代スマートチップ、非対称ブロックチェーンチェックサム、VeChainがBaaSクラウドプラットフォームを発売します。

2018年Q4

VeChain v4.0 go-liveは、商業的環境環境システム統合プラットフォームを実現します。

VENトークン

VETトークンは、VeChainプラットフォームで使用される予定です。

すべての参加者は、VETを使用して製品とサービスを入手しなければなりません。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Facebook

Github

Slack

Telegram

WebChat

Forum

VeChainの可能性

これから主流になるであろうBAAS(Blockchain-as-a-Service)について提供しているサービスです。

物流管理などへのブロックチェーン技術の応用は期待されており、開発が進めば面白いことになりそうです。

Mijinなどは、ジビエの流通データをブロックチェーン上に記録しています。

ジビエ振興協会がブロックチェーンを導入

Waltonという仮想通貨は、衣服について同じようにブロックチェーン上に記録しています。

仮想通貨|Walton(ウォルトン)の特徴と可能性

これから流行りそうなので、注目度が高まっています。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク