仮想通貨|Litecoin(ライトコイン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Litecoin(ライトコイン) はP2Pのインターネット通貨です。ビットコインを改良して作られています。ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。中央集権型とは異なる完全分散型であり、オープンソースでグローバルな決済ネットワークです。

数学によりネットワークの安全性を確保し、個々人による財政管理能力を高めています。主要な数学ベースの通貨と比べ、トランザクションの確認時間が短く、ストレージの効率性に優れているのが特長です。業界による多大な支持、取り引き量、流動資産などの実績を見てわかるように、ライトコインはビットコインを補完する商取引媒体として機能しています。

特徴

名称LTC
発行日2011年10月
供給量84,000,000
分散合意
アルゴリズム
プルーフオブワーク
国内取扱
取引所
bitFlyer
CoinCheck
ビットバンク
ビットトレード
ビットポイントジャパン

分散合意アルゴリズム

分散合意アルゴリズムとして、プルーフオブワークが採用されています。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

プルーフオブワークとは、各取引を認証するために算出しなければならないデータまたはそのようなシステムのことです。

ライトコインでは、プルーフオブワークを計算する手段としてハッシュ関数が用いられています。総当たり式計算処理していき、仕事量が多かったものを正しい計算として認識します。

国内取扱取引所

ライトコインについては、仮想通貨の中でもわりと歴史があるので国内仮想通貨取引所でも取扱があります。

bitFlyer

国内最大級の取引高をもつbitFlyerでも扱っています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

CoinCheck

国内最大級のアルトコインを扱うCoinCheckでも購入できます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットバンク

FX取引なども扱うビットバンクでも扱っています。

ビットトレード

ビットコイン・仮想通貨取引所 | ビットトレード - BitTrade
仮想通貨取引ならBitTrade(ビットトレード)!ビットコインを始め6種類の仮想通貨が、2取引可能な金融庁登録済みの仮想通貨交換業者です。堅牢なセキュリティによる安心、安全な環境で仮想通貨トレードを始めよう!

ビットポイントジャパン

【BITPoint】ビットコイン・イーサリアムなど仮想通貨の口座開設ならビットポイント
仮想通貨の取引所なら【BITPoint】(ビットポイント)!ビットコイン、リップル、イーサリアムを始め、様々な商品を取り扱っております。口座開設から取引までの流れや、取引可能な時間についてもご確認いただけます。

トピックス

ライトコインについて、より詳しくみていきましょう。

ビットコインよりも使いやすい

ライトコインは、ビットコインを改良して作られているため比較されることが多いです。

特にトランザクションについて比べられることが多く、ビットコインが10分毎に一度トランザクションが行われるのに対して、ライトコインは2.5分毎に短縮されており、ストレージ効率の向上を実現しています。

「4倍」がキーワード

ライトコイン総数は、ビットコイン総数の4倍です。

総発行量は、ビットコインが2,100,000BTCに対して、ライトコインは8,400,000LTCです。また各ライトコインブロックのマイニングおける報酬は50LTCです。そしてライトコインの生成率は、840,000ブロックごとに半減しています。これもビットコインの4倍です。

ライトコインブロックはビットコインブロックよりも4倍高速に生成されるため、ライトコインの通貨インフレはビットコインと同じ軌道になるように作られています。

決済通貨として機能

仮想通貨について様々な通貨が発行されていますが、まだ実装途中のものが多く実社会で使えるものは多くありません。そんな中ライトコインは実社会でも使われている数少ないコインの一つです。

Litecoin.com | Business Listings
Browse Litecoin Exchanges, Services and

まだ公式ホームページに記載されているくらいの規模感ですが、今後拡大していく可能性は大いに秘めていると感じます。

公式情報

公式ホームページ

開発者用WEBページ

LiteCoinフォーラム

Bitcointalkフォーラム

ホワイトペーパー

Twitter

Github

トランザクションリサーチ

ライトコインの可能性

ビットコインに比べてトランザクションの生成時間が1/4に短縮されていることが、やはり大きな特徴だと考えられています。ビットコインは、スケーラビリティの問題を抱えており利用者が増えれば増えるほど利用しづらいという状況になっていくことが予想されます。

将来的には、ビットコインの代替通貨として、ライトコインの利用が拡大していくのではないかと考えられます。ビットコインのスケーラビリティが解消されない限り、ライトコインの利用が拡大するチャンスは大いにあるのではないでしょうか。

ビットコインほどの需要が発生するのかどうか、ライトコインのこれからの成長はそういった部分に注目するべきかもしれません。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク