仮想通貨|Walton(ウォルトン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Walton(ウォルトン)は、データ共有と情報の透明性を備えた追跡可能なビジネスエコシステムです。ブロックチェーンとRFID(Radio frequency identifier)を組み合わせることにより開発されます。

Waltonは、Ethereumプラットフォーム上で作成されています。名前の由来は、RFID技術の発明家Charlie Waltonです。

特徴

名称WTC
発行日2017年8月
供給量70,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Stake & Trust
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Waltonでは、Proof of Stakeシステムに改良を加えたProof of Stake & Trustという仕組みを採用しています。ただこれは親チェーンのブロック生成に使用されるコンセンサスアルゴリズムであり、子チェーンでは独自のコンセンサスアルゴリズムを選択することも可能になるとのことです。

仮想通貨|プルーフオブワーク以外の仕組みについて知ろう

国内取扱取引所

Waltonについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Binance

Waltcoinについては、Binanceで購入することができます。

Binance - Blockchain and Crypto Asset Exchange
Binance is a blockchain ecosystem comprised of Exchange, Labs, Launchpad, and Info. Binance Exchange is one of the fastest growing and most popular cryptocurre

トピックス

Waltonについて、より詳しくみていきましょう。

Waltonとは

Waltonは、商品購入のための通貨として利用することができます。またIotへの利用についての開発が進められています。

Waltonの目的

Waltonプラットフォームは、親チェーンと子チェーンという仕組みに分かれています。Waltonを利用する企業は子チェーンを自由自在にカスタマイズすることができます。またこれらのプラットフォームで使用されるWTCは、Waltonエコシステム唯一のトークンです。

Waltonプロジェクトとは

Value IoTの実現により、ブロックチェーンとインターネットを有機的に統合し新しいビジネスエコシステムを構築します。RFIDテクノロジとWaltonチェーンの組み合わせにより、完全に共有されたデータと透過的な情報を持つ、トレーサブルなビジネスモデルが作成されます。

Waltonは、ビジョンを実現するために4段階のロードマップを用意しています。

フェーズ1

フェーズ1では、RFIDに基づく衣服システムの統合スキームを開発しました。

フェーズ2

フェーズ2では、RFIDビーコンチップが量産され、衣料品、B2Cの小売および物流に使用されます。価格設定、発注、梱包と保管、仕分けと流通、店舗管理、派遣などのマルチシナリオブロックチェーンのデータ構造を照合することによって、ロジスティクス業界全体のビジネスプロセスを達成することができます。

フェーズ3

フェーズ3では、製造業者はインテリジェントパッケージングのトレーサブルなカスタマイズを実現することができます。材料源と生産品質を検証し、品質問題の原因を追跡することができます。消費者の利益を根本的に保証するために偽造の可能性を排除することができます。

フェーズ4

フェース4では、ハードウェアのアップグレードと反復及びブロックチェーンのデータ構造改善により、全ての資産をWaltonchainに登録することができるようになるでしょう。資産所有、商品トレーサビリティ、取引伝票の問題を解決することができます。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Youtube

Github

Rediit

Telegram

Forum

BitcoinTalk

Waltonの可能性

ブロックチェーン技術の利用方法として、他にないコンセプトを持っており期待できます。近いプロジェクトでいえば、IOTAや、Factomなどが上げられるでしょうか。

仮想通貨|IOTA(アイオータ)の特徴と可能性

WTCそのものに価値がつくのかは定かではありませんが、これから注目していきたいブロックチェーンプロジェクトの一つであることに間違いはありません。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク