仮想通貨|Cardano(カルダノ)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Cardano(カルダノ)は、学術研究者によって評価・検証されているブロックチェーンプロジェクトです。

Haskellというバグが発生しにくい関数型プログラミング言語をベースにしたPlutusという言語で開発されておりセキュリティレベルが他の仮想通貨と比べて高いと言われています。

発表当初は、公平なオンラインカジノを実現可能にする次世代ゲーミングプラットフォームとして開発されましたが、後に汎用的なプラットフォームの開発へと計画がシフトされているようです。

特徴

名称ADA
発行日2017年10月
供給量45,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
プルーフオブステーク
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Cardanoでは、プルーフオブステークが採用されています。

仮想通貨|プルーフオブワーク以外の仕組みについて知ろう

またCardanoでは、ウロボロスと呼ばれる革新的なプルーフオブステークアルゴリズムを使用しています。これは証明可能安全性を初めて科学的に証明したプルーフオブステークプロトコルです。

国内取扱取引所

Cardanoについては、今のところ国内取り扱いの取引所はありません。

Bittrex

Bittrexで購入することができます。

Bittrex

トピックス

Cardanoコインについて、より詳しくみていきましょう。

Cardanoとは

元々は、公平なオンラインカジノを実現するために開発がスタートされたようですが、後に汎用的なプラットフォームの開発へと計画がシフトされました。

第3世代の仮想通貨

Cardanoは、第3世代の仮想通貨を目指しています。

ビットコインなどの第1世代がブロックチェーンを世に広めて、イーサリアムなどの第2世代が仮想通貨の貨幣価値にさらにスマートコントラクトなどの付加価値を加えました。Cardanoは、これまで得られた多くの知見を整理し、スケーラビリティ・相互運用性・持続可能性に優れた通貨として発展させることを目的としています。

ウロボロス

Cardanoでは、ウロボロスと呼ばれる革新的なプルーフオブステークアルゴリズムを使用しています。これはエディンバラ大学の Aggelos Kiayias 教授が率いる5つの学術機関と2つの優秀な暗号学者のチームによって設計されました。

ウロボロスは、厳格な暗号化モデルを使用した安全証明としてだけではなく、多くのプロコトル構成の機能強化が可能なモジュールとして柔軟に設計されています。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Slack

Reddit

Forum

Cardanoの可能性

Cardanoについて、一次情報では革新性や学術的に優れた点などが主に発信されていますが、それ以外の情報では、オンラインゲームのコインとしての機能や投機目的、詐欺コインなどの情報が散見されています。

このサイトでは、公式情報だけを元に情報集約してみました。開発レポートも定期的に更新されているので、これからどうなるか引き続き注目していきたいと思います。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク