仮想通貨|DigixDAO(ディジックスダオ)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

DigixDAO(ディジックスダオ)は、Ethereum上で『金』をトークン化するプロジェクトです。貴重な物理資産を分散元帳に記帳することで不変性・透明性・監査性を保ちます。

DGD保有者は、DGXの取引手数料を受け取ることができます。この取引手数料は、送金された残高の0.13%です。

特徴

名称DGD
発行日2016年4月
供給量1,999,420.6383
分散合意
アルゴリズム
Proof of Asset
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

DigixDAO(ディジックスダオ)では、Proof of Assetを採用しています。これは分散元帳に資産の存在と所有権を証明するシステムです。証明の記録は、EthereumとIPFSを通して永久に公開されます。

Proof of Asset Verificationプロセスでは、主に以下の情報をブロックチェーンへ登録します。

  • 登録日時
  • 金の重さ
  • 品質保証者
  • 保有者
  • 外部監査人

これらのデータが、Proof of Asset Cardと呼ばれるEthereumプラットフォームのトークンに登録されます。

画像参照元:ホワイトペーパー

国内取扱取引所

DigixDAOについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Binance

Binanceは、2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。

Binance - Blockchain and Crypto Asset Exchange
Binance is a blockchain ecosystem comprised of Exchange, Labs, Launchpad, and Info. Binance Exchange is one of the fastest growing and most popular cryptocurre

トピックス

DigixDAOについて、より詳しくみていきましょう。

DigixDAOとは

DigixDAOでは、Ethereum上で金をトークン化します。Proof of AssetやDGXトークンの証明など幅広いテクノロジーを開発しています。

DigixDAOが目指す次世代型「富の保全」

DigixDAOでは、次世代型『富の保全』をプロジェクトをの目的としています。

金は長期安定性が既に証明されており、DigixDAOでは実世界とデジタル資産の価格変動から私たちを守ります。

DGX |DGDの仕組み

DigixDAOは、独自の特性を持つ2種類のEthereumトークンを作成しています。

  • Digix Gold Token(DGX)
  • Digix Dao Token(DGD)

これら2つのトークンは、互いの補完関係を補完するものです。

Digix Gold Token(DGX)

Ethereumエコシステムにおける価値交換のための将来的な金指標です。

各トークンは、1グラムの99.99%LBMA標準金を表し、Safehouse保管庫に保管されています。100Gの物理的な金と100 DGXトークンを個人または郵送で交換します。

Digix Dao Token(DGD)

取引手数料によって収集された総DGXに基づいて、四半期ごとの報酬を請求することができます。DGDの価値は、為替レート基づいて変動します。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Medium

Twitter

Youtube

Github

Chat

Reddit

Forum

DigixDAOの可能性

保有する金を、ブロックチェーン上に記録しデジタルトークンを発行するシステムです。個人的には、金のまま保持した方が安全のような気がするのでオススメしませんが、DGDトークンに価値を見出した方はこういったプロジェクトに参加してみても良いかもしれません。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク