仮想通貨|EOS(イオス)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

EOS(イオス)は、ブロックチェーンベースの分散型オペレーティングシステムです。EOSソフトウェアを利用すると、開発者は分散アプリケーションを構築でき、高性能で水平方向にスケーラブルなブロックチェーンインフラストラクチャを作成、展開することができます。

特徴

名称EOS
発行日2017年6月
供給量1,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
Delegated Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

EOSでは、Delegated Proof of Stakeを採用しています。EOSソフトウェア上に、EOSトークンを保持している場合、投票システムを利用してマイナーを選ぶことができます。また誰でも、マイニングに参加することができます。もしプライベートブロックチェーンを利用する場合は、管理者はマイニングするメンバーを追加、削除することもできます。

ブロックは、正確に3秒毎に生成することができます。他仮想通貨プロジェクトに比べてブロック生成時間が短いことが特徴です。

国内取扱取引所

EOSについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

EOS

EOS WEBサイトから、Etherを使用して購入することができます。

eosio | Blockchain software architecture
The Most Powerful Infrastructure for Decentralized Applications

但しEOSトークン自体は、現時点では何の利用用途も予定されていないようです。投資というよりかは、寄付という意味合いが強いトークンではないかと思います。

トピックス

EOSについて、より詳しくみていきましょう。

EOSとは

EOSは、ブロックチェーンベースの分散型オペレーティングシステムです。必要なコア機能を提供することで、商業規模の分散アプリケーションをサポートするように設計されています。

開発者は、それぞれのビジネスロジックに集中することができ、既存のWEBアプリケーションに似たブロックチェーンアプリケーションプログラムを構築することができます。

特徴的な2つの機能

EOSには、2つの特徴的な機能があります。

  • 取引手数料撤廃
  • スケーラビリティ

手数料を支払いEOSソフトウェアを利用するのではなく保持する割合に応じてリソースを使用すること、また非同期通信と平行処理を利用して毎秒何百万件ものトランザクションを処理すること、これらに2つに特徴をもちます。

また上記2つは、Ethereumを利用する上での弱みでもあります。

仮想通貨|Ethereum(イーサリアム)の特徴と可能性

EOSが、Ethereumを超えるのではないかと言われているのは上記特徴の部分が大きいでしょう。

EOSトークンは寄付

EOSトークンは、投資というより寄付的要素が現時点では強いです。

The EOS Tokens do not have any rights, uses, purpose, attributes, functionalities or features, express or implied, including, without limitation, any uses, purpose, attributes, functionalities or features on the EOS Platform.

EOSトークンは、EOSプラットフォーム上の使用、目的、属性、機能または機能を含むが、これに限定されない、明示的または黙示的な権利、使用、目的、属性、機能または機能を有しない。

公式WEBサイトにも、EOSトークンに何ら権利が付与されないということがしっかり記載されています。

また購買条件の同意においても、

Buyer acknowledges, understands and agrees that Buyer should not expect and there is no guarantee or representation made by Company that Buyer will receive any other product, service, rights, attributes, functionalities, features or assets of any kind whatsoever, including, without limitation, any cryptographic tokens or digital assets now or in the future whether through receipt, exchange, conversion, redemption or otherwise.

購入者は、購入者が予期してはならないことを理解し、同意したこと、および購入者が他の製品、サービス、権利、属性、機能、交換、償還またはその他の方法で、現在または将来、暗号トークンまたはデジタル資産を使用することができます。

内容を理解した上で、購入するということがしっかり記載されています。

一部Redditなどの掲示板で、EOSトークンの所有量に応じてブロックチェーン上で実行できる権利を与えて貰えるということが記載されていますが、私が読んだ限り1次情報には明確にその点の記載はありませんでした。

EOS tokens are useless?! from ethereum

もしかするとEOSトークンをEthereum上で購入すれば、将来EOSプラットフォーム上で使用できるトークンを付与して貰えるのかもしれません。但しリサーチしても見つからなかったので、本サイトではEOSトークンは寄付的位置づけにしています。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Blog

Twitter

Github

Telegram

Forum

EOSの可能性

EOSソフトウェアそのものは、Ethreumや、Liskなどと同じく将来期待できるプラットフォームです。

但しEOSトークンが、EOSソフトウェアで利用できるかどうかは定かではなく投資的要素としてEOSトークンを購入するには熟慮する必要があるかもしれません。

購買条件にも、トークンの使用用途は無く配布後48時間以内に移転不可とするという文言があるため、私は現時点では特に関わりを持たずプロジェクトの行く末を見守っておきたいと思います。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク