中国四川省におけるマイニング事業取締の動き

中国の四川省では、仮想通貨産業の取締りの一部としてマイニング事業にまで禁止の波が押し寄せています。

今さら聞けない!マイニングって何なんだろう?
The Pirate Bayというサイトでは、訪問者のCPUを利用してMoneroという仮想通貨の採掘を行っていたとしてニュースになりました。Pirate Bayは、広告を載せずに訪問者のPCを利用して獲得した仮想通貨でサイトを運営することを試みていたようです。
スポンサーリンク

マイニング事業にまで及ぶ中国当局規制

China Bitcoin Exchange Ban 'Certain'; BTCC to Suspend Trading; Shanghai Issues Verbal Shutdown Order: Reports
Chinese regulators have reportedly stated that a bitcoin exchange ban is "certain". Meanwhile, Shanghai has issued a verbal shutdown order to bitcoin exchanges

ローカルメディアのテンセント・ファイナンスによると、循環型の水力発電を行っている四川電力公司は、ビットコインのマイニング事業への電力供給を停止しました。

マイニングは非常に競争が激しくなっているため、通常のビットコインユーザーが利益を得るのはもはや困難です。ハッシュパワーはマイナーが優位に立てる世界の一部の地域に集中しており、このパワーは大規模なマイニングプールが有しています。ビットコインマイニングの大部分は中国の四川地域に位置しており、そこでは雨期の水力発電によって低コストで電力を使用することができます。

これまでの中国当局による規制

2017年の始め、中国当局はICOの実施と参加を法律で禁じ、仮想通貨産業の取締りを開始しました。その直後、仮想通貨取引所も停止させました。しかし、政府のビットコインの禁止はマイニングにまで及ぶという噂があったにも関わらず、実際に規制はなされていませんでした。

中国で仮想通貨の取引再開を検討

しかし現在、四川の電力会社は明らかに、電力会社のすぐ隣に位置するマイニング会社に余剰電力を直接販売することで電力会社をバイパスすることをやめなければならないと発電所に警告しました。この要求は当初、雨期に四川でマイニングを行う規模の小さいマイナーに対するものでしたが、Bitmainのような大手に対してもなされました。Bitmainは地方当局と契約を結んでおり、発電所から低価格で電力を直接購入することが可能になっています。しかし、今回の取締りが一部に留まるのものなのか、他の地域に広がっていくものなのかは不明です。

規制によるハッシュレートへの影響

計算によると、これらの会社のハッシュパワーを総合した値はビットコイン全体のハッシュレートの50%以上です。

いずれにせよ、中国の仮想通貨全面禁止は、中国のマイナーたちにとってはそうではないかもしれませんが、長期的にはネットワークにとって有益であると考えています。おそらく今以上に地理的な分散につながるでしょう。

ネットワークでは一時期的なハッシュレートの低下がみられるかもしれませんが、短期もしくは長期で中断を行き起こす可能性は低いです。

マイニング規制の影響

ビットコインの開発者であるJohnson Lauは「ハッシュパワーの低下はもしあるとすれば、非常にゆっくり起きるだろう。このリスクはほとんど金銭的なことであり、刑期の長さではない」とコメントしています。「統計的にプラスのリターンが生じる限り、人々はリスクをとる。難易度の調整はこれを加味しなければならない」とも話しています。

おわりに

今回の送電の停止が他の中国の地域まで広がっていくのでしょうか。中国では規制を緩めるかもしれないという話もありましたが、しばらくは禁止の流れが続きそうですね。

スポンサーリンク