仮想通貨|Steem(スチーム)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Steem(スチーム)は、サイト運営者のコンテンツを収益化させることができるブロックチェーンベースの報酬プラットフォームです。

特徴

名称STEEM
発行日2016年4月
供給量限度なし
分散合意
アルゴリズム
Proof of Brain
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Steemでは、Proof of Brainアルゴリズムを採用しています。仕組みとしては、Liskなどで採用されているDPoS(デリゲイトプルーフオブステーク)と似ています。

仮想通貨|Lisk(リスク)の特徴と可能性

上位21人マイナーが「ラウンド」で選択され、ランダムにシャッフルされます。その後、このマイナーたちにより21ブロックが生成されます。

国内取扱取引所

Steemについては、国内仮想通貨取引所で購入することができません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Bitcoin/Digital Asset Exchange

Steemitで投稿

取引所で購入する以外にも、STEEMを得る方法はあります。それは、Steemitで投稿することです。投稿して、Steem PowerとSteem Dollarsを受取りSteemと交換します。

Steemit
Steemit is a social media platform where everyone gets paid for creating and curating content. It leverages a robust digital points system (Steem) for digital r

またそれ以外にも、投稿に対して投票することで報酬を貰うことができます。

トピックス

Steemについて、より詳しくみていきましょう。

Steemとは

Steemは、Proof of Brainアルゴリズムを使用するブロックチェーンベースのプラットフォームです。

3つの通貨

Steemには、3つの通貨が存在しています。

Steem

Steemは、取引所で交換することができます。またこれはSteemit内で他2つの通貨と互換性をもつものです。

Steem Power

Steem Powerは、2年間(104週)引き出すことができない定期預金のようなものです。Steemitで、貢献した投稿者と評価者に支払われる報酬です。報酬のうち50%がSteem Powerで支払われますが、毎週104分の1しか交換することができません。

Steem Dollars

報酬のうち50%は、Steem Dollarsで支払われます。Steem Dollarsは、短期債務商品であり、Steemitに投資するためにSTEEM Powerに切り替えるか、またはSTEEMに交換しBitcoinsなどに売却することができます。

Steem DollarsはSTEEMで購入することはできませんが、STEEMはSteem Dollarsで購入することができます。片方向の作用により、ブロックチェーンはSteem Dollarsを誰がいつ取得するかを決めることができます。

Steemの良さ

サイトを作っているとわかるのですが、コンテンツから収益を上げることは簡単なことではありません。そういった悩みを、Steemは解決することができます。

投稿や評価により価値を得ることができますし、またサイト運営者が独自トークンを作成することで収益を上げることもできます。

公式情報

公式ホームページ

Steemit

ホワイトペーパー

Reddit

Twitter

Youtube

Github

Slack

Forum

BitcoinTalk

Steemの可能性

Steemには、他仮想通貨にない仕組みがあります。Steemitという仕組みを利用すれば、コンテンツ作成者は、収益など余計なことにこだわらず優良コンテンツ作成だけに集中することができます。

またコンテンツを作ることが苦手な人でも、色んなコンテンツを評価することで報酬を得ることができます。ブロックチェーン技術を利用した新しいSNSのカタチがこれから始まるかもしれません。

そんな可能性を、Steemは持っているのではないかと感じます。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク