仮想通貨|Tether(テザー)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Tether(テザー)は、オムニレイヤプロトコルを介してBitcoinブロックチェーン上で発行された仮想通貨です。

ブロックチェーン技術を活用し、法定通貨(ドル、ユーロなど)と1対1の固定レートで交換できるUSDTを発行します。Tetherにおけるサービスは、仮想通貨を利用した新しい預金の形を実現します。

特徴

名称USDT
発行日2015年2月
供給量 記載なし
分散合意
アルゴリズム
Proof of Reserves
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Tetherでは、Proof of Reserves(プルーフオブリザーブ)をもって、通貨の正当性を主張しています。これは、銀行でいう準備金のようなもので支払い能力を示します。このプルーフオブリザーブシステムでは、提供されているツールを使用してBitcoinブロックチェーン上にあるUSDTの金額を簡単にチェックすることができます。

誰もが、Tetherの資産を確認できるということで安全で透明性の高いシステムだといえます。但し、リスクもあり例えばTether運営会社自体が倒産した場合などは、USDTが無価値になる可能性もあります。気になる方は、ホワイトペーパーを確認して下さい。

国内取扱取引所

Tetherについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

HitBTC

USDTについては、HitBTCで多く取引されています。

Bitcoin Exchange: Bitcoin, Ethereum, Monero, Zcash / HitBTC
The most advanced cryptocurrency exchange to buy and sell Bitcoin, Ethereum, Litecoin, Monero, ZCash, DigitalNote, Ardor

Bittrex

世界最大級のアルトコインを扱うBittrexで購入することができます。

https://bittrex.com/

Poloniex

Bittrexと同規模の取引所であるPoloniexで購入することができます。

Poloniex - Bitcoin/Digital Asset Exchange

トピックス

Tetherコインについて、より詳しくみていきましょう。

USドルと交換レート固定

他の仮想通貨のチャートが、乱高下を繰り返す状況に比べてTetherはほぼレートが安定しています。これはUSDTが、法定通貨(ドル、ユーロなど)と1対1の固定レートで交換できるからです。

銀行の新しいカタチ

Tetherを理解する上で、銀行のようなシステムをイメージして貰えると理解しやすいのではないでしょうか。銀行は、預金を払い戻す場合に備えて一定割合準備金を保持しています。

ただ実際に銀行がどれほど、支払いに備えて準備金を保管しているのか知らない人も多いのではないでしょうか。Tetherは、ブロックチェーン上で準備金を公開しているため誰でも簡単にTetherの支払い能力をチェックすることができます。

手数料が殆どかからない

Tetherは銀行のような仕組みとお伝えしましたが、仮想通貨上で運用されているため送金時に手数料を安く抑えることができます。またTetherウォレット間の送金は、常に無料です。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Chat

Forum

Tetherの可能性

Tetherは、新しい銀行のカタチとしてコンセプト自体は面白いです。またTetherにおける支払い能力について、USDT保持者それぞれが簡単にチェックできる仕組みも面白いです。ただそもそもの、Tetherの運営会社は信頼に値するのでしょうか。

運営会社が、倒産した場合は誰もUSDTについて責任を取ってくれません。その辺りが、銀行などのシステムと比べてデメリットではないかと思います。これからどうなっていくのか、引き続き注目していきたいサービスです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク