仮想通貨|Blocknet(ブロックネット)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Blocknet(ブロックネット)は、異なるブロックチェーン上のノード間を通信可能にするP2Pプロトコルです。

これはオープンソースプロジェクトで開発されています。

特徴

名称BLOCK
発行日2014年10月
供給量3,910,516
分散合意
アルゴリズム
Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Blocknetの分散合意メカニズムは、Proof of Stakeです。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)とは?仕組みを解説

またブロック生成時間は、1分に設定されています。

国内取扱取引所

Blocknetについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

トピックス

Blocknetについて、より詳しくみていきましょう。

Blocknetとは

Blocknetは、マルチブロックチェーンサービスを配信することを可能にします。

相互運用可能

ブロックチェーンは、それぞれが個別に成立しています。

ブロックチェーン間の相互運用性がなければ、インターネットから切断されたLANと変わりません。

共有空間に存在する必要があり、Blocknetはそれぞれを繋ぐことができます。

モジュール式

ブロックチェーンデータは永久的ですが、ほとんどのデータは関連性がなくなったり、役に立たなくなります。

テラバイトのデータに縛られることを避けるために、異なるブロックチェーンに異なるタイプのデータを保存し、残りのデータに影響を与えずにアーカイブ、破棄、または置換することができます。

Blocknetは、ブロックチェーン設計にマイクロサービスアプローチを採用しています。

XBridgeとは

Blocknetでは、XBridgeの開発が進められています。XBridgeは、ブロックチェーンが相互運用性、モバイル性、モジュラー性になることを可能にするものです。

ノード間通信や、デジタルトークンの分散型交換はテスト中です。

これが完了すると、分散型アプリケーションの迅速かつ大幅に簡略化された開発が可能になります。

サポートしている通貨

Blocknetでは、複数のコインをサポートしています。

以下は、テスト及びサポートされたコインのリストです。

  • Bitcoin(BTC)
  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Blocknet(BLOCK)
  • Dash(DASH)
  • Decred(DCR)
  • Digibyte(DGB)
  • Dogecoin(DOGE)
  • Dynamic(DYN)
  • GameCredits (LEC)
  • Litecoin(LTC)
  • Monacoin(MONA)
  • Monetary Unit(MUE)
  • Namecoin(NMC)
  • NavCoin(NAV)
  • Particl(PART)
  • Peercoin(PPC)
  • ViaCoin(VIA)
  • Ventinin(VAT)

オープンソースプロジェクトなので、誰に許可を得る必要もありません。

またEthereum(ETH)やERC20トークンなどもサポートしているようです。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

ドキュメント

Blog

Twitter

Youtube

Reddit

Github

Rocket

Telegram

Forum

BitcoinTalk

Blocknetの可能性

ブロックチェーン同士を繋ぐミドルウェアは、すでに幾つかプロジェクトが動き出しています。

Blocknetは、その中でもすでに数年以上開発されている老舗プロジェクトです。オープンソースプロジェクトなので、コミュニティの活発性が大切です。

今のところはリサーチするに、活発に開発されているようです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク