仮想通貨|Lightning Bitcoin(ライトニングビットコイン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Lightning Bitcoin(ライトニングビットコイン)は、Bitcoinブロックチェーンから分岐した仮想通貨です。

ブロック値499999時点で、Bitcoinからのハードフォークで誕生しました。

特徴

名称LBTC
発行日2017年12月
供給量21,000,000
分散合意
アルゴリズム
Delegated Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Lightning Bitcoinは、合意形成アルゴリズムとしてDelegated Proof of Stake(DPoS)を採用しています。システム内で投票により選ばれたマイナーによって、マイニングが行われます。

今までのBitcoinハードフォークで誕生した仮想通貨は全てProof of Workを採用しており、Lightning Bitcoinは異例といえるでしょう。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

国内取扱取引所

Lightning Bitcoinについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

LBTCを手にいれるためには、マイニングに参加するか、取引所で購入する必要があります。

参照情報元:公式HP

Yobit

YoBit.Net - Bitcoin Cash (BCC) Exchange
Buy and sell Bitcoin Cash (BCC) on YoBit Exchange!

HitBTC

https://hitbtc.com/

トピックス

Lightning Bitcoinについて、より詳しくみていきましょう。

Lightning Bitcoinとは

Lightning Bitcoinは、Bitcoinハードフォークから分岐して生まれた仮想通貨です。

2MBのブロックサイズ、DPoSコンセンサスメカニズムを採用しています。これによりトランザクション速度を向上させ、分散化を促進し、スマートコントラクトをサポートします。BitcoinとEthereumの利点を組み合わせ、より価値の高い機能的なブロックチェーンシステムを作成します。

コミュニティの自律性

DPoSコンセンサスメカニズムにより、投票権と簿記権を分離することができます。

当事者によるシステムの乱用や管理が防止されます。またユーザーは、トークンを所有している限り、自律性を実現することができます。

迅速性

1ブロックあたり3秒で処理します。

2MBブロックサイズで、1,000〜10,000トランザクション/秒をサポートし、ビットコインのスケーラビリティに対する問題を解決します。

公平な配分

ビットコインホルダーは、LBTCを1対1の比率で請求することができます。残りはマイニングを通じて分配され、ブロックの報酬は4年ごとに半分になります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトを組み込むことで、デジタル資産の発行と配布、ブロックチェーン上でのアプリケーションの構築が可能になります。

DApp

ゼロ知識証明、クロスチェーン・アトミック・トランザクションなど、あらゆる種類のDApp開発をサポートします。

Bitcoinと比較

Bitcoinや他分裂通貨と比較しましょう。

LightningBitcoinBitcoinBitcoin cashBitcoin gold
供給21,000,00021,000,00021,000,00021,000,000
合意形成DPoSPoWPoWPoW
マイニングハードウェアCPUASICASICGPU
ブロック間隔3秒10分10分10分
ブロックサイズ2M1M8M1M
難易度の調整なし2週間2週間 + EDA全ブロック
SegwitXX
リプレイ保護X

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Chat

Forum

Lightning Bitcoinの可能性

Lightning Bitcoinは、分散合意形成アルゴリズムとしてDPoSを採用しており、スマートコントラクトやゼロ知識証明などの実装も検討されています。

Bitcoinの名前をもつだけで、機能性は全く違うものだと言えるのではないでしょうか。既に取引など始まっていますが、詐欺かどうかはこれからの開発状況を見守っていかなければ、まだわからないというところです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク