仮想通貨|Stratis(ストラティス)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Stratis(ストラティス)は、金融ビジネス企業向けのサービスやニーズに合わせて設計されたブロックチェーン開発プラットフォームです。

企業は、Stratis(ストラティス)プラットフォームを使えば独自ブロックチェーンを作成することができます。これらはC#を使用して開発、テストすることができます。

特徴

名称STRAT
発行日2016年8月
供給量98,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Stratisでは、Proof of Stakeを採用しています。プルーフオブステークというのは、簡単にいうと全コイン数量に対する通貨の保持割合によって発言力が変わるようにし、時間やコストの削減を目的とした手法です。

仮想通貨|プルーフオブワーク以外の仕組みについて知ろう

国内取扱取引所

Stratisについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Bitcoin/Digital Asset Exchange

トピックス

Stratisについて、より詳しくみていきましょう。

Stratisプラットフォームとは

Stratisは、C#を使用してブロックチェーンアプリケーションの開発、テストすることができます。

コインではなくプラットフォーム

Stratisは、メインはコインではなくプラットフォームです。

Stratisは、第三者によるプライベートブロックチェーンの作成を可能にします。これらのプライベートチェーンはStratisのコードに基づいて作成されているのでメインチェーンと互換性を有しています。メインチェーンの開発は、Stratisに任せてしまいカスタムが必要が部分だけプライベートチェーンで実装することができます。

STRATの使いみち

STRATは、ブロックチェーンに投下される燃料としての役割を担っています。Stratisマーケットにおける参加者同士の価値移転のための取引単位及び手数料として使用されます。

サイドチェーンとは

企業は、Stratisのサイドチェーンを利用してプライベートブロックチェーンを設計・構築・管理することができます。またこれらの企業は、EthereumやWavesのような他ブロックチェーンの既存機能を活用組み合わせることもできます。

メインチェーンについては、Stratisに任せることができるため維持費やコストを抑えることができるというメリットがあります。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Slack

Reddit

Wiki

BitcoinTalk

Stratisの可能性

なぜStratisが、C#で開発されているということをアピールしているのか気になった方もいるでしょう。これは金融機関の多くが利用しているアプリケーションは、C#やJavaと呼ばれる言語で開発されているからです。

Stratisが市場価値を高めていくためには、金融サービスを展開する企業に利用してもらう必要があります。利用してもらうために、わざわざ新しい言語で開発されていては導入時の学習コストが高くなり、企業はStratisの導入を躊躇うでしょう。そういった点において、Stratisは、C#で開発することができるという利点があるのでいずれ金融系企業の開発に組み込まれる可能性も高いでしょう。

まだ開発中ではありますが、これからどうなるのか。注目に値する通貨と言えるのではないでしょうか。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク