仮想通貨|Siacoin(シアコイン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Siacoin(シアコイン)はブロックチェーンを使用した分散型クラウドストレージプラットフォームです。Siaでは、ストレージを貸し出したり、ファイルの支払いをしたり、Siaconのマイニングしたりすることができます。

Siaプロジェクトは、100%オープンソースで開発されています。

特徴

名称SC
発行日2015年6月
供給量2021年:約456億
2026年3月:約535億
詳細はこちら
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Siaは、分散合意アルゴリズムとしてProof of Workを採用しています。ハッシュアルゴリズムは、「blake2b」です。

分散した環境を利用することで信頼性を担保しています。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

国内取扱取引所

Siacoinについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - The Next Generation Crypto-Currency Exchange - Upgrade to Bittrex Global

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Crypto Asset Exchange
Buy, sell, and trade Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), TRON (TRX), Tether (USDT), and the best altcoins on the market with the legendary crypto exchange.

トピックス

Siacoinについて、より詳しくみていきましょう。

Siacoinとは

Siaは、100%オープンソースで開発されている分散型ストレージプラットフォームです。世界中のユーザーは、コンピュータからディスクストレージを提供して分散型ネットワークを形成します。

Siacoinを持っている人なら誰でもこのネットワークからストレージを借りることができ、ホストには寄付金が支払われます。

Siacoinの特徴

Siacoinの特徴をみていきましょう。

完全にプライベート

Siaは、分散ネットワーク上でファイルを分割、暗号化、配布します。

従来のクラウドストレージプロバイダとは異なり、外部の企業はファイルにアクセスしたり制御したりすることはできません。

安価で利用可能

Sia分散クラウドは、現在のクラウドストレージプロバイダーより平均して10倍ほど価格が安いです。

1TBをSiaに保存するためのコストは、月額約2ドルです。ちなみにAmazon S3を利用した場合は月額23ドルも必要です。

オープンソース

Siaはオープンソースプロジェクトです。

各個人が、Siaソフトウェアに貢献しており、Sia APIの上に革新的なアプリケーションを構築するコミュニティが活発になっています。

マーケットプレイス

Siaブロックチェーンを使用し、分散ストレージ市場を作り出します。

これは自由競争により低い価格につながります。

目指すビジョン

Siaは、「世界で最も高速で、安価で、最も安全なクラウドストレージプラットフォームを構成」しようとしています。

長期的な目標としては、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive など既存のクラウドストレージプラットフォームの競合になることです。

NetflixやYouTubeなどの大規模なサービスでさえ、Siaを使って顧客に最高のユーザーエクスペリエンスを提供する未来を見据えています。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Blog

Trolle

Twitter

Github

Chat

Forum

BitcoinTalk

Siacoinの可能性

Siaネットワークが完成すれば、クラウドストレージを安価な価格で利用及び提供することができ、世界のサービスは一変する可能性があります。

実現すれば、クラウドストレージ業界に対してインパクトがかなりあるサービスになります。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク