仮想通貨|Metaverse ETP(メタバースエントロピー)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Metaverse(メタバース)は、パブリックブロックチェーンをベースにした分散型プラットフォームです。企業や個人が利用できるプラットフォームを構築し、資産をデジタル化します。

特徴

名称ETP
発行日2016年8月
供給量100,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

プロジェクト開発当初は、Proof of Workで運用し、約3,000万ETPがマイナーに分配されます。

将来的には、Proof of Stakeの仕組みに変更していく予定です。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

国内取扱取引所

Metaverse ETPについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bitfenix

Bitfinex
The largest and most advanced cryptocurrencies exchange

Bitfenixで取引されているようです。

トピックス

Metaverse ETPについて、より詳しくみていきましょう。

Metaverse ETPとは

Metaverse(メタバース)は、パブリックブロックチェーンをベースにした分散型プラットフォームです。

Metaverse ETPの3本柱

Metaverseには、3つのポイントがあります。

デジタル資産

物理的資産をデジタル化して、市場効率と市場価値を高めることができます。

デジタルアイデンティティ

デジタルアイデンティティは、人々、企業、IoTをつなぐ情報や資産の交換にとって重要な概念です。

デジタルアイデンティティだと理解しづらいので、アバターのようなものをイメージして下さい。

仲介サービス(Oracles)

Oraclesは、物理世界と仮想デジタル世界間のリンクです。

チェーン上でスマートコントラクトを発行し、物理的なアイデンティティとアバターの間のつながりを証明し、メタバースで取引を監督する規制機関です。

仮想通貨|スマートコントラクトとは何か

Baasとは

Baas(Blockchain as a Servie)の概念は、Metaverseによって最初に提案されました。

企業や個人は、必要に応じてブロックチェーンソリューションプロバイダからカスタマイズされたブロックチェーンサービスを要求することができます。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Blog

Twitter

Youtube

Reddit

Github

Slack

Forum

BitcoinTalk

Metaverse ETPの可能性

ZenGoldやZanDAOなどのサービスが立ち上がっており、ゴールドなどの資産をデジタル化することができます。

また知的財産などもMetaverseが目的とする資産のデジタル化に含まれています。ホワイトペーパーを見る限りコンセプトが明確なプロジェクトだと思いました。資産の保全とブロックチェーン技術は、相性が良いのでこれからに期待したいと思います。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク