仮想通貨|MaidSafeCoin|SafeCoin(メイドセーフコイン|セーフコイン)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Safecoin(セーフコイン)は、SAFEネットワークで使用することができる仮想通貨です。MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は、いずれSAFEネットワークでSafeCoinと1対1交換ができる準備通貨のようなものです。

SAFEネットワークは、全てのインターネットサービスを受取り、分散し、サーバーやその他の弱点を取り除き、プライバシー、セキュリティ、匿名を全てのインターネットユーザーに提供します。

特徴

名称MAID
発行日2014年4月
供給量453,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Resource
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Safecoinでは、Proof of Resourceという分散合意アルゴリズムを採用しています。Proof of Resourceでは、ハードドライブストレージ、CPUパワー、および帯域幅を使用して、リソースの所有権を証明することができます。

またエンドユーザーは、リソースを提供することにより、Safecoinを構築(または獲得)を行うことができます。これには複雑な準備もなく、単純なソフトウェアのダウンロードだけで、参加することができます。

国内取扱取引所

MaidSafeCoinについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Bitcoin/Digital Asset Exchange

トピックス

MaidSafeCoinについて、より詳しくみていきましょう。

SafeCoinとは

Safecoinは、ビットコイン2.0ブロシェットの一つです。

SafeCoinと交換

SAFEネットワークが、開始されるとMaidSafeCoinをSafecoinに交換することができます。

SafeCoinは、MaidSafeCoinトークンを通じて購入者に提供されます。MaidSafeネットワークが稼動すると、MaidSafeCoinsはネットワークのSafecoinに対して1対1の割合で償還されます。

SafeCoinテクノロジー

SAFEネットワークは、各個人がP2P方式でHDDスペース・CPU・メモリ・帯域等を提供しあう分散的なインターネットを実現するプラットフォームです。

Safecoinロードマップ

SafeCoinのロードマップを見ていきましょう。

フェーズ1

SAFE Launcherを使用してMaidSafe管理ノードにアクセスし、いくつかのデモアプリケーションを使用できるよう実装します。

フェーズ2

より安全な形式のネットワークアクセスが、SAFEブラウザに組み合わさっていきます。

フェーズ3

安全な自律ネットワークが構築されます。ネットワークアーキテクチャがより分散化され、利用者がノードを実行し、安全にデータを提供できるようにする自律型セキュアルーティングレイヤーが構築されます。

フェーズ4

自律的なデータサービスを保護します。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Youtube

Reddit

Github

Slack

Forum

BitcoinTalk

MaidSafeCoinの可能性

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は、いずれSAFEネットワークでSafeCoinと1対1交換ができる準備通貨のようなものです。SAFEネットワークは、まだ開発中でありこれからのサービスといっていいでしょう。

クラウドサーバーなどに変わる新しいサービスになるのか、まだ時間はかかりそうですが引き続き注目していきたいプロジェクトだと思います。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク