仮想通貨|Waves(ウェイブス)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Waves(ウェイブス)は、カスタムトークンの発行・取引を簡単にする分散型ブロックチェーンプラットフォームです。

特徴

名称WAVES
発行日2016年6月
供給量100,000,000
分散合意
アルゴリズム
Leased Proof of Stake(LPoS)
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Wavesでは、Leased Proof of Stakeを採用しています。プルーフオブワークのように計算の能力ではなく、発行済の全コイン数量に対する保有割合によって発言力が変わるようにし、時間やコストを削減することができます。

10,000WAVESを保有しているユーザーであれば、誰でもマイニングに参加することができます。またマイニングに参加しなくとも、保有しているWAVESを、他ユーザーにリースして報酬を分けてもらうこともできます。

マイニングによる収益率は、WAVES残高において月1%前後となっているようです。

国内取扱取引所

Wavesについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

トピックス

Wavesコインについて、より詳しくみていきましょう。

Wavesとは

使いやすさを考慮して設計されているWavesプラットフォームは、ICOなどを行いたいスタート企業において資金調達手段を容易にします。

カスタムトークンを簡単発行

Wavesプラットフォームでは、カスタムトークンの発行・取引を簡単に行うことができます。カスタムトークン同士の取引も可能にします。分散型ブロックチェーン取引における新しい取り組みにチャレンジしているプロジェクトです。

Wavesの特徴

Wavesの特徴をいくつか紹介します。

使いやすい

Chromeアプリケーションや、HTMLライトクライアント上で利用できるWavesはアクセスがしやすくユーザビリティに優れたプラットフォームです。

クラウドファンディングに最適

Wavesユーザーは、独自トークンを簡単かつ迅速に作成、配布、交換することができるように設計されたツールを既に用意しています。誰でも簡単に、Wavesプラットフォームを使いICOなどの資金調達を可能にします。

他通貨との取引ができる

Wavesプラットフォームのゲートウェイは、WAVESトークン、ビットコインなどの通貨間での価値交換を可能にします。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Reddit

Slack

Forum

BitcoinTalk

Wavesの可能性

Wavesと同様に、独自トークンを発行できるようなサービスとしてCounterPartyがあります。

独自通貨発行|CounterPartyの素晴らしさ

どちらも利用したことがありますが、特に現時点では大きな差はありません。ただ通貨としてどちらに注目したいかというと、Wavesに傾く気持ちが大きいです。なぜかというと、Leased Proof of Stakeというアルゴリズムは、上手く利用するととてつもない価値を生み出す可能性を秘めているからです。

Wavesは、まだ始まったばかりのプロジェクトなのでこれからに期待したいところです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク