仮想通貨|BitcoinDark(ビットコインダーク)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

BitcoinDark(ビットコインダーク)は、金融市場の問題点を解消する目的で開発された匿名性をもつ仮想通貨です。

しかし現状は、Komodoという別プロジェクトに開発は移行しています。

仮想通貨|Komodo(コモド)の特徴と可能性

BitcoinDark供給量の80%以上は、すでにKomodoに交換されました。この交換は、2018年1月まで行われます。

特徴

名称BTCD
発行日2014年7月
供給量22,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

BitcoinDarkは、分散合意メカニズムとしてProof of WorkとProof of Stakeのハイブリッド型を採用しているようです。

またProof of Workでは、アルゴリズムとしてSHA256を採用しておりASICの利用を推奨しています。

ブロック生成時間が、1分と短い点も特徴です。

国内取扱取引所

BitcoinDarkについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

https://bittrex.com/

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

Poloniex

同様に、Poloniexも世界最大級の取引所です。

Poloniex - Bitcoin/Digital Asset Exchange

トピックス

BitcoinDarkについて、より詳しくみていきましょう。

BitcoinDarkとは

BitcoinDarkは、金融システムです。

生み出された収益は、ネットワークを保護し維持するためステイカーに分配されます。

オープンソースプロジェクトなので、誰でもBTCDを購入してクライアントを実行できます。

BitcoinDarkの特徴

BitcoinDarkの特徴を見ていきましょう。

P2P分散型取引

BitcoinDarkクライアントには、仮想通貨と資産をほぼリアルタイムで取引可能にするP2P分散型取引(InstantDex)が組み込まれています。

固定資産売買(PAX)

BitcoinDarkのPegged Asset Exchange(PAX)は、主要通貨(米ドル、ユーロ)、コモディティ(金、銀、銅)、ETF、株式などの固定資産を売買することを可能にします。

PAXは完全に分散されており、単一の障害点がありません。

つまり政府や他の第三者によって簡単に停止されることはありません。

ブロックチェーン機能

InstantDEX、PAX、そしてBitcoinDark自体も、自分のパソコン内に保存することができます。

つまり資産にいつでもアクセスすることを意味します。ブローカーや銀行が仲介者として機能する必要はありません。

いつでもどこでも、例えば自宅で操作できます。

Komodoへの交換

BitcoinDarkの開発は、すでにKomodoに移行しています。

またBTCD供給の80%以上が、Komodoに交換されました。

この交換は、2018年1月までなので早めに交換することをオススメします。レートは、1 BTCD :50KMDが相場のようです。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Twitter

Github

Slack

Reddit

Forum

BitcoinTalk

BitcoinDarkの可能性

BitcoinDarkの開発は、すでにKomodoに移行しています。

Komodoは、Zcashからフォークされたもので、またBitcoinDarkから進化を遂げた仮想通貨です。

匿名性を提供することをコンセプトに、ゼロ知識証明やDPoSといった技術を取り入れています。

2018年1月までは、BitcoinDarkをKomodoに交換できるようなので、もしまだの人は早めに対応しておきましょう。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク