仮想通貨|SEGWIT2X(セグウィットツーエックス)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

SEGWIT2X(セグウィットツーエックス)は、Bitcoinからブロック値501451時点でハードフォークし誕生した仮想通貨です。

元々11月に予定されていたSEGWIT2Xとは、名前は同じですが別団体が立ち上げたプロジェクトです。

特徴

名称B2X
発行日2017年12月
供給量21,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

SEGWIT2Xは、Proof of Workを分散合意形成メカニズムに採用しています。

アルゴリズムとして、Bitcoinで使用されているSHA256からX11に変更されています。このアルゴリズムは、DASHなどの仮想通貨と同じです。

仮想通貨|Dash(ダッシュ)の特徴と可能性

国内取扱取引所

SEGWIT2Xについては、国内仮想通貨取引所での取り扱いはありません。

Bitcoinを保有

Bitcoinを保有しているユーザーには、1対1の割合でB2Xが付与されています。

HitBTC

HitBTCなどの取引所では、すでに取引が開始されています。

Bitcoin Exchange: Bitcoin, Ethereum, Monero, Zcash / HitBTC
The most advanced cryptocurrency exchange to buy and sell Bitcoin, Ethereum, Litecoin, Monero, ZCash, DigitalNote, Ardor

トピックス

SEGWIT2Xについて、より詳しくみていきましょう。

SEGWIT2Xとは

Bitcoinネットワークのトランザクションは、驚異的な速度で限界値に到達しました。支払手段として使用することは、ほぼ不可能です。

このような状況を解決するために、SEGWIT2Xは誕生しました。

SEGWIT2Xの特徴

SEGWIT2Xの特徴を見ていきましょう。

ブロック生成

ブロック生成スピードが、Bitcoinの約10分からSEGWIT2Xでは2.5分に短縮されています。

難易度調整

それぞれのブロック生成毎に難易度調整を行います。

ブロックサイズ

ブロックサイズは、Bitcoinの1MBからSEGWIT2Xでは最大4MBに拡張されます。

その他

またこの他にも、リプレイ保護やユニークアドレスの付与などが実装予定です。

SEGWIT2Xのロードマップ

SEGWIT2Xのロードマップを確認していきましょう。

  • ライトニングネットワーク
  • スマートコントラクト
  • ZkSnark(匿名取引)

などがこれから開発されていくようです。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Medium

Twitter

Reddit

Github

Chat

Telegram

Forum

BitcoinTalk

SEGWIT2Xの可能性

今回Bitcoinのハードフォークで誕生したSEGWIT2Xは、元々2017年11月に予定されていたハードフォークとは別団体が行っているものです。

【速報|全文翻訳】Segwit2Xの開発者がアップグレード中断を発表

名前がややこしいですし、混乱を招くので個人的には今回のハードフォークについて批判的な意見を持っています。

これからも、こういった詐欺まがいのハードフォークが活発に行われていくことだと思われます。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク