仮想通貨|BitcoinFile(ビットコインファイル)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

BitcoinFile(ビットコインファイル)は、ブロックチェーン技術をベースにしたP2P分散ファイルシステムです。

IPFSファイルシステムとビットコインネットワークを組みわせた分散ファイルシステムを構築することを目指しています。

特徴

名称BIFI
発行日2017年12月
供給量21,000,000,000
分散合意
アルゴリズム
Proof of Work
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

BitcoinFileは、Proof of Workを分散合意形成システムとして採用しています。

しかしアルゴリズムなど詳細は不明です。

ブロックチェーンとプルーフオブワークの仕組み

国内取扱取引所

BitcoinFileについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bitcoinを保有

Bitcoinブロックチェーン上のブロック値501225時点で、Bitcoinを保有していたユーザーにはBitcoinFileが、「1BTC:1000BIFI」で付与されました。

Gate.io

Gate.ioというアルトコインを多数扱う仮想通貨取引所で購入することができます。

Gate.io - The Gate of Blockchain Assets Exchange
Gate.io is a bitcoin exchange platform which supports BTC, LTC, Ethereum, Qtum and more blockchain assets trading.

トピックス

BitcoinFileについて、より詳しくみていきましょう。

BitcoinFileとは

BitcoinFileは、P2P分散ファイルシステムです。

IPFSファイルシステムとビットコインネットワークを組み合わせた分散ファイルシステムを構築することを目指しています。

Bitcoinブロック値501225時点でBitcoinを保有しているユーザーは、「1BTC:1,000BIFI」でBitcoinFileが付与されます。

BitcoinFileの特徴

BitcoinFileの特徴をみていきましょう

スマートコントラクト

BitcoinFileは、将来的にはスマートコントラクトも実装されるようです。

IPFS

IPFSとは、聞きなれない言葉かもしれませんが簡単にいえば、P2P上に作るファイルシステムです。

サーバがダウンしたり、データが消されたりしないという特徴があります。

上限発行枚数がBitcoinの1,000倍

BitcoinFileは、上限発行枚数がBitcoinの1,000倍です。

BitcoinFileのロードマップ

BitcoinFileのロードマップをみていきます。

2017年12月27日

Bitcoinから、ブロック値501225時点でハードフォークし誕生

2018年1Q

ネットワーク環境を構築

2018年2Q

スマートコントラクトを実装予定

2018年3Q

IPFSを実装予定

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Blog

Twitter

Github

Chat

Forum

BitcoinFileの可能性

今までのBitcoinからのハードフォークは、決済通貨としての機能をいかに高性能化するかをコンセプトにしていました。

BitcoinFileは、そうではなく分散ファイルシステムを構築することが目的です。しかもこれはIPFSとBitcoinブロックチェーンを組み合わせるという面白い取り組みです。

すでに上場しており、購入したり売却することができます。これからどうなっていくのか、楽しみなプロジェクトです。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク