仮想通貨|Ark(アーク)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Ark(アーク)は、ユーザー・開発者及びスタートアップ向けの革新的なブロックチェーン技術を提供するプラットフォームです。

Arkは、Liskをより高機能にした派生物として誕生しています。その点について、ホワイトペーパーにも記述されています。

特徴

名称ARK
発行日2017年1月
供給量上限なし
※ブロック毎2ARKが一定増加
分散合意
アルゴリズム
Delegated Proof of Stake
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Arkでは、Delegated Proof of Stake(デリゲイトプルーフオブステーク)という仕組みが採用されています。システム内で投票により選ばれた上位51人によって、マイニングが行われます。またブロック生成毎に、2ARKが増加します。

これはLiskという仮想通貨にも使用されている仕組みです。

仮想通貨|Lisk(リスク)の特徴と可能性

国内取扱取引所

Arkについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Bittrex

国内では、取扱がないので海外取引所で購入する必要があります。

Bittrex.com - Bittrex, The Next Generation Digital Currency Exchange

Bittrexは、数多くのアルトコインを扱う世界最大級の仮想通貨取引所です。

トピックス

Arkについて、より詳しくみていきましょう。

Arkとは

Liskと対比されることが多いArkですが、LiskがJavascriptオンリーで開発するのに対してArkは、Githubを確認するにPHP、GO、Python、Rubyなど数多くの言語で開発することができるようになりそうです。個人的には、RubyエンジニアなのでArkの開発環境は有り難いです。

Arkの特徴

Arkの特徴をみてみましょう。

FAST

ブロック生成時間が、8秒毎で早いです。

DECENTRALIZED

選ばれた51名の代表者によってマイニングが行われます。これは前述したように、Delegated Proof of Stake(デリゲイトプルーフオブステーク)という仕組みを採用しています。

SCALABLE

ブロックチェーンでは、メインチェーンとサイドチェーンというシステムを使うことにより、スケーラビリティに優れた仕様を開発しました。

COLLABORATIVE

10カ国14人のコアメンバーと絶え間なく成長している専用コミュニティ開発者により、グローバルな共同作業を実現します。

複数の言語開発環境を用意することで、エンジニアに対しての学習コストを低くします。これにより活発なコミュニティを作っていきます。

BRIDGING

独自SmartBridgeテクノロジーを使用し、相互接続されたブロックチェーンエコシステムを可能にします。

OPEN SOURCE

完全にオープンソースなので、独自SmartBridge互換ブロックチェーンを立ち上げることを容易にします。

Arkの仕組み

Arkの仕組みについて簡単に見ていきます。

  • トランザクション生成:0.1ARK
  • 投票:1ARK
  • 投票取り消し:1ARK
  • 2番目パスフレーズ作成:5ARK
  • 代表者登録:25ARK

手数料としては、かなりLiskと仕組みが似ています。

公式情報

公式ホームページ

投票フォーム

ホワイトペーパー

Blog

Twitter

Youtube

Reddit

Github

Slack

Forum

BitcoinTalk

Arkの可能性

Arkについては、Liskシステムとほぼ同様です。Liskと同様、まだ開発中のプロジェクトなのでこれからどうなるか見守りたいです。日本などの市場に上場することができれば、今以上に価値が上昇しそうです。

ブロック生成毎に、2ARKが付与される仕組みなのでインフレ率がどうなるのか投資する上ではそこをまず気にする必要があるかもしれません。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク