仮想通貨|Lykke(ルーカ)の特徴と可能性

スポンサーリンク

概要

Lykkeは、手数料ゼロの取引プラットフォームです。

ホワイトペーパーなどを難しい説明がありますが、今のところLykkeは、簡単にいえば仮想通貨取引所のアプリ強化版です。

特徴

名称LKK
発行日2016年9
供給量1,285,690,000
分散合意
アルゴリズム
不明
国内取扱
取引所
なし

分散合意アルゴリズム

Lykkeについては、残念ながら今のところ詳細は不明です。

国内取扱取引所

Lykkeについては、国内仮想通貨取引所で購入することはできません。

Lykke Exchange

Lykke内の交換所で入手することができます。

現時点だと、ここでしか入手できません。

Lykke Trade
Lykke is a movement to build one global marketplace that is a level playing field where everyone has access.

トピックス

Lykkeについて、より詳しくみていきましょう。

Lykkeとは

Lykkeとは何なんでしょうか。

Lykke Walletモバイルアプリケーションは、マージン取引を完全にサポートしながら、通貨や仮想通貨の取引を簡単にします。

分散元帳技術のおかげで、即時決済と直接所有権を持つ、オープンソースのLykke ExchangeでBitcoinやEtherなどの資産を売買することができます。

今のところ円のサポートはなさそうです。

Lykkeの特徴

Lykkeの特徴を見ていきましょう。

低いスプレッド

スプレッドプライオリティのマッチングエンジンです。

即時決済

あなたの取引は数分で決済されます。

所有権

ブロックチェーンによって保証されています。

セキュリティ

注文は指紋で承認されます。

秘密鍵はデバイスに保存されます。

LKKトークンについて

LKKトークンについて詳細見ていきましょう。

Lykkeは、2016年9月13日から10月11日まで株式の約2.33%に相当する、3000万LKKが提供されました。

Lykkeトークンは、スイスに登録された法人Lykkeの所有権を表すトークンです。

これは通貨ではなく、マイニングもありません。今のところこれを受け入れる他の取引所はありません。

株主は所有しているLykkeトークンの数に比例して議決権を行使することができます。

目標は、Lykkeの株主に、会社のすべての主要な決定について投票して貰うことです。

公式情報

公式ホームページ

ホワイトペーパー

Blog

Twitter

Facebook

Instagram

Youtube

Reddit

Github

Slack

Telegram

Forum

BitcoinTalk

Lykkeの可能性

Lykkeは仮想通貨取引所であり、LKKトークンはあくまでLykke内で上場しているに過ぎません。

今後も他の取引所で取り扱われることはないとのことなので、値上がりを期待しての購入は大概期待外れに終わりそうです。

仮想通貨取引所が、独自通貨を発行するのは珍しくなく有名な仮想通貨取引所であるBinanceでもBinanceCoinを発行しています。

仮想通貨|Binance Coin(バイナンスコイン)の特徴と可能性

今は、仮想通貨を作れば何となく資金が集まってしまうのでこういうプロジェクトに投資する時には事前にリサーチすることをオススメします。

【随時更新】仮想通貨|コイン一覧まとめ − 特徴と可能性
スポンサーリンク